blue drugs

性病の代表格

Medicines

淋病の潜伏期間は長くありません、遅い人でも1週間以内に症状が現れます。

性病の代表格とも言える淋病です。どの性病であってもだいたい感染してから潜伏期間というものが存在します。淋病にも潜伏期間は存在します。しかし、淋病の潜伏期間は他の性病と比べると比較的短いです。感染してから早くても数日で症状は表れます。遅くとも症状は1週間ほどで現れてくるでしょう。このように感染してからすぐに症状に気付けるほど潜伏期間が短いので、いったいどのタイミングで淋病に感染してしまったのかが分かりやすいです。風俗に頻繁に行っていれば感染源の特定は出来ないでしょうが、そうでない場合は相手の女性を特定することが出来るでしょう。その女性に淋病に感染しているかもしれないと忠告してあげましょう。女性が淋病に感染してしまった場合は、ほとんど無症状であることが多いので、自分自身では気づいていない場合が多いのです。なので教えてあげて下さい。
男性が淋病に感染してしまうと排尿時や射精時に痛みを感じるようになります。尿道から膿も出てくる場合もあるので、朝1番の排尿は注意深く観察しておくことが早期発見のポイントです。
淋病と症状が似ているのがクラミジアですが、クラミジアの症状は淋病よりも弱いため、男性であっても感染に気付きづらいです。クラミジアの場合は男性も無症状であることもあるので、なおのこと自覚は難しいでしょう。
淋病もクラミジアも感染率こそは高いですが、治療をするのは薬を飲めば簡単に出来ます。なので感染に気付いたらすぐに薬を購入しましょう。